Concept

出会いは「かなば」から

故郷の自然の草木を都会に届ける活動の最中に

「かなば」と出会いました。

木目の美しさと品のある淡い色の個性に惹かれ、作品を作り始めました。

 創作の間もヒノキの香りと共に心が癒やされ、温かく、やさしい気持ちになれます。

 「かなば」を「花」という姿に変えて、

これからもこの心を伝え、届けていきたいと思っています。

We met “Kanaba ” while working to deliver nature plants and trees from our hometown to the city.

We were attracted by the beauty of the wood grain and the unique elegant pale colors, 

and began to create works of art.

During the creation, the scent of hinoki cypress heals our mind and makes us feel warm and gentle.

We would like to change the form of "Kanaba" into "Flower" 

and continue to convey and deliver this feeling.

花への再生

私たちは、「かなば」を「花」に再生することで、

自然と調和した新たなライフスタイルの提案と

意識醸成を目的に環境に配慮した作品作りを目指しています。

We aim to create environment-friendly works with the aim of proposing a new

lifestyle in harmony with nature and cultivating awareness by turning

"Kanaba" into "Flowers.".

Efforts of SDGs

GOLE12 「持続可能な生産消費形態を確保する」を目標に取り組んでいます。

GOLE12  We are working toward the goal of "ensuring sustainable production and consumption patterns.".

About us

土佐草木花

代表 辻ゆか

2017.9.1 土佐草木花設立

2018.9.1   かなばを使用した「かなばフラワー」の製作を開始。

2018.12.1 モクコレの式典に「かなばフラワー」が採用されたことをきっかけに多種多様な「かなばフラワー」の製作に取り組む。

2020.9.1  「かなばフラワー」商標登録取得